伝統的工法による家造り|素敵な住宅を建てたいなら山下建設に任せましょう

素敵な住宅を建てたいなら山下建設に任せましょう

女の人

伝統的工法による家造り

一軒家

棟梁のいる工務店を選ぶ

神社仏閣は日本独特の建築物ですが、それを支えているのが宮大工です。一人前の宮大工になるには一般的な大工よりも時間がかかります。その代わり一流の技術を身につけています。一戸建ての注文住宅を建てる場合にも宮大工に建ててもらえば、理想の木造住宅が建てられます。宮大工を希望する場合は木造建築専門の工務店を選ぶことです。伝統ある工務店では宮大工が棟梁を勤めているところがあります。そのような工務店に建築を依頼すれば、宮大工仕込みのしっかりした木造住宅を建てることができます。このような工務店に依頼する場合は、少なくても完成まで1年以上の期間を見ておく必要があります。それだけの期間を待つだけの価値ある住宅を手に入れることができます。

建てたあとのケアが万全

宮大工のいる工務店で住宅を建てたい人はたくさんいます。そのわけは建築技術が優れているだけではなく、使用する木材へのこだわりがあるからです。伝統的な工法を師匠から弟子へ、そのまた弟子へと受け継がれている建築技術なので、安易な妥協を許さないという特徴があります。それが安心感を生むのです。宮大工のいる工務店では時間をかけて大工自身が納得のいく住宅を建てるので、安全で長持ちのする家を建てることができます。大工としての誇りを持っているので建てて終わりというわけではなく、家が建ったあとのケアも親身になってしてくれます。宮大工にとっては自分が手がけた建築は我が子のような愛おしさがあるので、頼まなくても定期的に点検をしてくれるのです。